2014年11月4日火曜日

スタペリア(ガガイモ)の成長ぶり



スタペリア(ガガイモ)を育て始めて1年半位経ちました、

病気みたいなのにかかったりしていましたが、どうにかこうにか成長しています。

まだ花が咲く気配はありません、来年に期待です。


11月に入って夜は寒くなってきたので我が家では室内にいれています、

水を上げるのは極力少なくしていますが、まだ暖かい日もあるので2週間に一回程度水やりをしています。

育てている感覚として乾燥にはかなり強いと思います。

本とかに書かれている情報では、水やりを減らした方が良い季節です、9月中旬から5月位までは温室・室内で育てた方が良いでしょう。ちなみに、10度以下になったら断水をします。


この本は1ページしかありませんが、スタペリアの育て方が書いてあるので参考になります。
スタペリアはあまりメジャーではないので貴重な情報だと思います。
(まあ、寒さに注意をしていれば育てやすい種類ですけど。)




<関連投稿>
スタペリアの育て方 冬の越し方
スタペリアに黒いススがつく症状はダコニールで解決・治りました
スタペリアに黒いススのような物がついたのでダコニールを使ってみました
ガガイモ科 スタペリアの栽培に再挑戦

2014年11月3日月曜日

スタペリア(ガガイモ) つぼみがつくが、すぐに落ちてしまう




スタペリア(ガガイモ)を育てて、1年半になりました。

株は順調に育って大きくなっているんですが、花は上手く咲いていません。

つぼみはいくつかついたんですが、小さいままで落ちてしまいます。

ヒトデ型の面白い花が咲くことで有名だったので楽しみにしていたのですが、残念です。


株が小さいからまだ花が咲かないのかもしれません、または、肥料が少ないとかかもしれません。

もう今年は11月なので、これから花を咲かせるのは無理そうです。

来年は肥料をしっかりあげて育ててみようと思っています。



だんだんと寒くなってきました、スタペリアは寒さに弱く、一度凍らせるとまず助からないので注意をしてください。

そろそろ室内に入れて、水やりを減らした方が良い季節です、9月中旬から5月位までは温室・室内で育てた方が良いでしょう。ちなみに、10度以下になったら断水をします。



この本は1ページしかありませんが、スタペリアの育て方が書いてあるので参考になります。
スタペリアはあまりメジャーではないので貴重な情報だと思います。
(まあ、寒さに注意をしていれば育てやすい種類ですけど。)




<関連投稿>
スタペリアの育て方 冬の越し方
スタペリアに黒いススがつく症状はダコニールで解決・治りました
スタペリアに黒いススのような物がついたのでダコニールを使ってみました
ガガイモ科 スタペリアの栽培に再挑戦

2014年11月2日日曜日

たぐち珈琲豆店 のコーヒーが美味しいらしい



たぐち珈琲豆店

というお店のコーヒーが美味しいらしいです。

ネットでも購入した人の評判は上々です。

私は買ったことはないんですが、備忘録として記事を投稿しておきます。

ブックマークとかに登録していても忘れちゃうんですよね、

記事にしておくと意外と検索性も高くてあとから思い出した時に、すぐに情報を引っ張り出せます。

HPもシンプルで良い印象です、アマゾンにも出品しているみたい。

コーヒーは大好きなんですけど、最近は節約と手軽で楽ちんなんでインスタントコーヒーを愛飲しています。

ちなみに、イオン トップバリュのインスタントコーヒーは激安ですね。

2014年8月3日日曜日

夏のビーツは元気がない




ビーツをひたすら放置して育てているのですが、

暑さが厳しくなる7月からだんだん元気がなくなり、

今ではほとんど成長しなくなりました。

まだ枯れてはしません、夏を乗り切ったらまた成長をするのでしょうか?

涼しい気候が向いているとは聞いていましたが本当ですね。


ビーツの育て方は、「ビート(ビーツ)の育て方」を見てください。

食用ビーツ デトロイト・ダークレッド


世界の野菜を旅する (講談社現代新書)を読んで、ビーツを栽培しようと思ったのですが前途多難ですね。

<関連投稿>
ビーツの芽が全てなくなる
ビーツの種まきと発芽
ビーツの食べ方、料理方法

2014年6月21日土曜日

ビーツの種がとれました




ビーツの栽培経過 5か月経っても全然育たない・・・

一応、ゆっくりとビーツが育っていたのですが、

根が大きくならなかったので収穫はしませんでした、

抜くのも可哀想なのでそのまま育てていたら花が咲いて、

なんとついには、種が収穫できました。

ビーツを放置してそのまま育てていると、6月頃に種が採れるということを勉強しました、意外です。

ただ、購入した種も残っているので新しく種が取れても使うかどうか微妙ですね。

家庭菜園でビーツを育てる場合はそんなに種をまくわけでもないですし、そもそも種は余ることが多いのでわざわざ自分で採取する必要性を感じません・・・

ビーツの育て方は、「ビート(ビーツ)の育て方」を見てください。

食用ビーツ デトロイト・ダークレッド


世界の野菜を旅する (講談社現代新書)を読んで、ビーツを栽培しようと思ったのですが前途多難ですね。

<関連投稿>
ビーツの芽が全てなくなる
ビーツの種まきと発芽
ビーツの食べ方、料理方法

2014年6月15日日曜日

スタペリアに黒いススがつく症状はダコニールで解決・治りました



目次
  • スタペリアに黒しススもしくはカビのような症状
  • 住友化学園芸 ダコニールが効果的
  • 予防が大切

スタペリアに黒しススもしくはカビのような症状

今年の4月頃に突然、スタペリアに黒しススもしくはカビのような症状が出ました。

多分、「黒斑病」「すす病」だと思われます。
サボテン、多肉植物は根が腐ると一気に枯れてしまいますがこの症状は根には及んでおらず枯れることはありませんでした。

主の症状として、
  • 植物の肌に黒いススのようなシミが広がる
  • ひっかいても取れない
  • だんだん黒い部分が広がってくる
  • 植物の成長が止まる、元気がなくなる
植物の元気もなくなり成長も遅くなり、黒くなっている以外の場所もくすんだ緑色になりました。

住友化学園芸 ダコニールが効果的

私は、「住友化学園芸 ダコニール」を定期的に使用したことで症状は改善・治りました。


商品紹介
長期間防除効果のある殺菌剤
商品の説明
すぐれた効きめの総合殺菌剤ダコニール1000の30mlです。
広範囲の病気に防除効果をあらわす総合殺菌剤です。
長期間病気から植物を守る残効性にすぐれ、薬害もほとんどありません。
フロアブルタイプのため計量も手軽にでき、散布後の汚れも少ない薬剤です。
メジャーな殺菌剤です。

利用方法は、
  • 薄めに希釈したダコニールを1週間に一回のペースで約1ヶ月定期的に散布しました。
  • 植物の肌に直接かかっても問題はありませんでした、直接散布した方が効果が強いかどうかはわかりません。
すぐに良くなるというわけではありませんが、病気の進行は1~2週間ほどで止まりました。
その後、1~2か月程してスタペリアにも元気が戻り、成長を始めるようになりました。

予防が大切

ちなみに、一度黒くなった部分は黒いままで回復していませんし、回復する見込みはなさそうです。
病気を治す薬であり、黒くなった部分を元に戻す薬ではありません。
観賞用に綺麗にしておきたいという方は予防が大切です。

関連投稿

2014年5月25日日曜日

スタペリアに黒いススのような物がついたのでダコニールを使ってみました




今年の4月頃に突然、スタペリアに黒しススもしくはカビのような症状が出ました。

ネットを調べましたがいまいち原因はわかりませんでした。
「黒斑病」「すす病」の可能性が高そうです、根っこはやられていないので腐りはしませんでした。

主の症状として、

・植物の肌に黒いススのようなシミが広がる

・ひっかいても取れない

・だんだん黒い部分が広がってくる

・植物の成長が止まる、元気がなくなる

植物自体にも元気がなく、何となく若々しい緑の感じもなく、くすんだ緑色をしていました。

ということで、「住友化学園芸 ダコニール」を使用してみました。


商品紹介
長期間防除効果のある殺菌剤
商品の説明
すぐれた効きめの総合殺菌剤ダコニール1000の30mlです。
広範囲の病気に防除効果をあらわす総合殺菌剤です。
長期間病気から植物を守る残効性にすぐれ、薬害もほとんどありません。
フロアブルタイプのため計量も手軽にでき、散布後の汚れも少ない薬剤です。
メジャーな殺菌剤なのでとりあえずこれを使ってみました。
結論から書くと、だいぶ植物の元気が戻りつつあります。

使い方として、少し薄めに希釈したダコニールを1週間に1回のペースで2回ほど散布しました。
その際は、植物の肌にもかかるように散布しました。

その後、様子を見ていたのですが、だんだんと植物に元気な緑色が戻ってきており、かつ新しい芽も出てきたので、だいぶ病気は良くなっており進行も止まっているようです。

ちなみに、一度黒くなった部分は黒いままで回復することはないので注意してください。病気の進行を止める薬であり、黒くススがついた部分を元に戻す薬ではありません。

観賞用に綺麗にしておきたいという方は予防が大切ですね。

2014年3月29日土曜日

「食う寝る遊ぶ 小屋暮らし」はオシャレな小屋の本

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし
中村 好文

流石は建築家の建てた小屋だけあって、シンプルかつオシャレです。
ディテールが綺麗に収まっているとシャープに見えます。
人気住宅建築家・中村好文さんが作って、住んで、実感した、人が「暮らすこと」の原点。
長野県の御代田に建てた小屋で愉しみながらやってきた「線と管に繋がっていない住宅」の実験が、電気に限らず、「地球規模の問題に対してできること」というより、自分の「暮らしに密着した問題に対してできること」だったことに気づいた著者。小屋での暮らしは、不便と不自由と背中合わせですが、振り返ってみると、その不便と不自由を生活の知恵と創意工夫の精神で乗り切っていくところや、住まいで営まれる「食う、寝る」という基本的な生活行為を自分らしいやり方で愉快にしていくことに妙味があったとも言います。
――不便も愉しい小屋暮らしから、よき住まいのヒントが浮かび上がります。
「線と管に繋がっていない住宅」というコンセプトもはっきりと定まっていて、設計哲学の実験という感じもします。

すっきりとしてユーモアがある文章も面白いです。


流石は建築家、小屋のキッチンなのに、こんなにシンプルで収まっています!素敵ですね~


200坪の庭もあるそうです、自然に任せた庭も味があります。

お金持ちの道楽的な感じもしますが、こういう方向の小屋もいいですね。

私がやろうとしたら、Bライフ系の小屋になってしまいそうです。


こちらは、実用一点張りの生きるための小屋、コンセプトはサバイバルです。

2014年3月15日土曜日

株式会社ライズマークで液晶モニターを無料回収してもらいました

液晶モニターが古くなり処分に困っていたのですが、

株式会社ライズマーク
無料で回収してくれるサービスをしているとのことなのでお願いしてみました。


PC本体の回収や、液晶モニターだけの回収もしてくれます。

PCや液晶モニターは処分費用が馬鹿にならないので、無料で回収してくれるのは嬉しいです!

捨てるのにお金がかかる&使えるものを廃棄するのは勿体ない気がしてしまいます。ライズマークみたいな会社に回収をしてもらえれば、廃棄をするよりかは有効活用になります。

申し込みは簡単。ネットに情報を入力すれば、希望した日の指定した時間に宅配業者が回収しに来てくれます。

私は佐川急便でした。(ライズマークさんに問題はないと思いますが、佐川の回収は時間に遅れてきましたけど・・・)

まあ、本来処分するのにお金がかかるところを、ネットからの申し込みだけで無料で回収してくれるのはありがたいですね。助かります。

基本はメールでのやりとりなので電話とかの面倒な手続きも必要ない点は良かったです。

ハードオフとかでも回収をしてくれているみたいですが、ライズマークの方がHPが見やすく、何を回収してくれるか明快に書かれている点はポイントが高かったです。

ちなみに私はこのサービスを「ポイント交換のGポイント」で知りました。
Gポイントを経由してPCを回収してもらえれば、Gポイントが付きます(200ポイント位だった気が)小銭ですけど、無料回収でGポイントを貯められます。


Bライフではないけれど、都会生活をサバイバル。
色々と情報を探しているとお得なサービスがあるもんですね。

2014年1月13日月曜日

ビーツの栽培経過 5か月経っても全然育たない・・・




前回、芽が出たと思ったのがなくなったりと困難に直面していましたが、

それを乗り越えて今は元気に育っています。

写真はないんですけど。

ただ、大きく予定と異なったのは栽培期間です。

種の袋には9月に種をまいて、11~12月に収穫となっています。

私のところでは9月にまいたのですが一向に大きくならず、現在1月ですが収穫ができる気配はありません。

すでに5ヶ月ほど育てていますが、あまりビーツとして食べられる茎の部分が太くなっていません。

世の中では、4~5ヶ月間栽培をすれば収穫できるといわれていますが、それは上手に栽培ができた場合だけみたいです。

ちなみに、他のブログとかを調べたところ、春まき(3月中旬~5月下旬)の方が生育がいいみたいです。

秋まきをしてみましたが、いまいち難しいということを学習しました。

食用ビーツ デトロイト・ダークレッド


世界の野菜を旅する (講談社現代新書)を読んで、ビーツを栽培しようと思ったのですが前途多難ですね。

<関連投稿>
ビーツの芽が全てなくなる
ビーツの種まきと発芽
ビーツの食べ方、料理方法