2017年4月15日土曜日

「中国の大盗賊・完全版」を読みました

中国の大盗賊・完全版



中国の大盗賊・完全版 (講談社現代新書)
高島 俊男 (著)
を読みました。

アマゾンでの評価も高いですが、かなりお勧めです!

ユーモアも織り交ぜ、判りやすい言葉で書かれていていて、あっという間に読み終わっていました。硬い本だと思っていたので良い意味で裏切られました。

池田信夫氏も推薦されています。「中国の大盗賊

池田氏は深く分析されていますが、私はあまり知識がないので「中国の歴代大盗賊の活躍劇」として楽しみながら読みました。
流石は中国ですね、盗賊もダイナミックですし行動も豪快です。

また、私はパールバックの「大地」が大好きなのですが、「中国の大盗賊・完全版」を読むと、大地の描写やバックグラウンドが深く理解できます。
特に2巻の「王虎(ワンフー)」の描写や行動について歴代の盗賊・匪賊の知識があるとさらに楽しく読めます。



私は先に「大地」を読みましたが、「中国の大盗賊・完全版」→「大地」の方が断然楽しめると思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿